番組名 韓国ドラマ「帰ってきて ダーリン!」
(C)SBS
 
RAIN(ピ) 最新主演作!浅田次郎の人気小説「椿山課長の七日間」が原作
韓国版ならではの設定やストーリー展開も必見!


★浅田次郎の人気小説「椿山課長の七日間」原作
★キム・テヒとの結婚で話題のRAIN(ピ)、「イ・ビョンホンの妻」イ・ミンジョン、話題のキャストが豪華共演
★ヒロイン役は「私はチャン・ボリ!」でブレイクしたオ・ヨンソ

全16話  (韓国SBS 2016年)  

 
放送日時
番組内容
#1 「それぞれの死」
デパートの婦人服売り場で課長として働くキム・ヨンスは見知らぬ場所で目覚める。傍らにはレストラン経営者のハン・ギタクが倒れていた。なんとそこは"中陰"と呼ばれる死者が立ち寄る場所だった。実はヨンスは過労による脳出血で、ギタクは初恋相手のイヨンを守るために事故を起こし、それぞれ命を落としていたのだ。天国行きのチケットを手にした2人は列車に乗るが、家族への思いを断ち切れないヨンスは現世へ戻ろうとする。
#2 「華麗なる変身」
天国行きの列車から飛び降りたヨンスとギタクは、死を受け入れるために現世に戻る機会="逆送"を申請した。しかし、現世に到着したヨンスは彫刻のような体を持つ完璧なイケメンに、ギタクはスタイル抜群の美女に、その姿を変えられていた。そして、"正体の秘匿""復讐の禁止""人の生死に関与しない"という3つの約束事を課せられ、限られた期限を与えられる。2人はそれぞれの無念を晴らすべく、新たな姿で古巣を訪ねるのだが…。
#3 「現世での再会」
ヨンスに与えられた姿は、手違いでソンジンデパートの会長の次男、イ・ヘジュンとそっくりであったことが判明する。イヨンを訪ねたギタクは、ギタクの妹だと名乗り兄の最期の頼みでイヨンを守るためにきたと告げる。自宅に向かったヨンスは家族に怪しまれるが、とっさにヨンスに大金を貸していると嘘をつき、家の中に入りこんだ。その後、偶然、同じ居酒屋に居合わせた2人は、ひょんなことから互いがヨンスとギタクであることに気づき…。
#4 「新しい店長」
父ヨンスは自殺ではないと信じるハンナは、それをソンジンデパートのチャ社長に訴えるが冷たくあしらわれてしまう。たまたま、その様子を見ていたヨンスは怒りに震え、自らの死の真相を明らかにすることを心に誓う。一方、ハン・ホンナンと名乗ることになったギタクは、イヨンに"ギタクを忘れたい"と言われたことで"逆送"を中断すべきか悩む。ヘジュンに成りすまして店長として出勤したヨンスは、会議で自らの死について取り上げて…。
#5 「妻の秘密」
イヨンは急病の女優の代役を引き受けると、後輩の主演女優ワン・ジュヨンの嫌がらせに耐え撮影をやり遂げる。そして、それを陰から見ていたク監督に主役でのドラマへの出演を依頼される。ヨンスは、ホンナンのために買ったブランド品をダヘにプレゼントしようと家を訪れるが、そこでダヘとジフンが抱き合う姿を目撃したうえ、自分が死んだ日、ギタクの店で2人が会っていたことを知ってしまい、絶望のあまり、川に身投げをしようとするが…。
#6 「虎を捕まえろ」
イヨンはドラマの制作発表会に臨むが、主役がジュヨンに変更されたことを教えられず、登壇し大恥をかく。その仕打ちに憤慨したホンナンはク監督の後を追い、チャ社長が陰で糸を引いていることを知って、2人の共通の敵であるチャ社長をあぶり出すためモデルのユ・ヒョクをおとりにしようと、ヨンスに持ちかける。その後、ダヘに言いがかりをつけて謝罪を要求する客に対し、怒りのあまり自らの正体を明かしそうになったヨンスにホンナンは…。
#7 「映されていた真実」
張り込んでいたヨンスの前に現れたのはジフンだった。ヨンスは証拠を隠滅していたのはジフンだったと知る。ファッションショー当日、リハーサル中の事故をきっかけにあることを思い出したヨンスはショーを抜け出しテレビ局に向かう。一方、ホンナンはユ・ヒョクを誘惑することに成功するが、ユ・ヒョクはナ・ソクチョルの一味に追われていて共に逃げることになる。しかし、あえなく捕らえられた2人はそのまま拉致されるが、そこに…。
#8 「四十九日」
ヨンスは自らの死の真相を明らかにしたが、ダヘはヨンスに怒りをぶつける。ホンナンはスキャンダルのねつ造を告白したユ・ヒョクの証言をインターネットで流すが、イヨンには余計なお世話だと言われる。そして迎えた2人の四十九日、その晩、デパートに忍び込むダヘを目撃したヨンスはその後をつけるが、そこでダヘの独白を聞いて、結婚生活の間彼女が孤独で不幸だったと知り、自らの正体を明かしてしまいそうになるが、その時…。
#9 「新たな同居生活」
家を売ると聞いたヨンスは、自分がこの家に同居すると言い出す。下宿代を払って家族と一緒に暮すことになったヨンスは、ダヘの心をつかもうと張り切るが、ことごとく空回りして、ダヘの今まで知らなかった様々な面を知ることになる。ある日、ダヘを家事から解放し休ませようとして、ヨンスが料理を作ろうとするがうまくいかず、ホンナンが作りに来ることになる。ところが、それにイヨン親子とスンジェもついてきたことから…。
#10 「逆転のシンボル」
ヨンスはデパートを救うため、社員への福利厚生を充実させようと奔走するが、本物のヘジュンが計画していた人員削減の噂が広まり、従業員の信頼を失う。一方、イヨンとホンナンは、撮影現場で報酬を支払ってもらえないエキストラのため、監督に詰め寄り報酬を支払わせる。ヨンスは役員会議の場で、売却に反対するなら見合った結果を出せと迫られ、エキストラの件で女性人気が沸騰しているイヨンを専属モデルにすることを提案し…。
#11 「思いがけない真実」
ヨンスからデパートの専属モデルのことを持ちかけられたイヨンは気乗りがしない様子。しかし、その後、デパートを訪れたイヨンはヨンスとジェググの前で、2人のうち自分の出した条件をクリアした方と契約すると告げる。ジフンから社長のために手を貸して欲しいと呼び出されたホンナンは、ジフンにギタクの妹だというのは嘘ではないかと問われる。翌日、再びジフンに呼びだされホンナンは、ジフンの自宅を訪れるが、そこで…。
#12 「運命の絆」
ダヘが自分の妹だと知ったホンナンは、その事実をヨンスにも伝えた。ジフンに会いに行ったヨンスは、ジフンがダヘの家族を捜していたことを知り、このことをダヘに話さないよう口止めする。ヨンスと専属モデルの契約を結ぶことに決めたイヨンは、ホンナンをマネージャーから外すことを条件にする。突然、家を訪ねてきたジフンと話す中で、ハンナは、「パパに似てないのに、おじさんに似てるのは嫌だ」と言った。そして、その翌日…。
#13 「ハンナとの約束」
行方不明になったハンナを探すヨンスは、死ぬ前に観覧車に乗る約束をしたことを思い出し、遊園地でハンナを見つける。ヨンスと観覧車に乗ったハンナは泣きながらパパへの思いを打ち明け、ヨンスはハンナの思いを受け止めた。ヨンスは、おなかに子供のいるダヘと結婚したのだが、ハンナは自分の子ではないかと問いただすジフンに、ダヘはキム・ヨンスの子供だと断言する。麻浦大橋でイヨンと再会したホンナンは、自分の思いを吐き出して…。
#14 「ディナーの約束」
秘密口座の番号を聞き出すため、ホンナンを連れ去ったソクチョル。追い詰められて危機一髪のホンナンのもとに、ヨンスとギタクの弟分たちが助けに現れた。デパートではヨンスの打ち出した従業員への福利厚生とイヨンを使った宣伝で売り上げが伸びていた。ギタクの店「クヌルプ」を買い戻したヨンスは、ダヘのもとを去る前に、「クヌルプ」で2人で食事をしようと約束を交わす。しかし、翌日の夜、ダヘの待つ店に急ぐヨンスは…。
#15 「残された時間」
車にはねられたヨンスは余命少なく帰還が早まってしまうと知ったホンナンは、自分に残された時間をヨンスに分け与える。ソクチョルの策略で、ジェグクがギタク殺害を教唆したことをうかがわせる音声が出回り、イヨンはショックを受ける。ヨンスと共に自らの死の真相を探っていたホンナンは、死んだ日の記憶をたどるうちに、ある事実を思い出し、事件の真相にたどりつく。デパートでは臨時株主総会が開かれ、社長の解任案が提議され…。
#16 「それぞれの別れ」
ダヘは、自分の兄はハン・ギタクではないかという疑問を2人にぶつける。ホンナンはそれを認めるが、今後、ギタクやホンナンという名前は口にせず、ダヘとして生きてほしいと伝える。だが、その会話を密かにソクチョルが聞いていた。ソクチョルはダヘを呼び出して人質にとり、ヨンスから秘密口座の番号を聞き出そうとする。それを知ってその場に駆けつけたホンナンは、ソクチョルの目の前で口座番号が記された写真を燃やそうとするが…

番組表カレンダー

蜑埼ア 13 14 15 16 17 18 19
莉企ア 20 21 22 23 24 25 26
谺。騾ア 27 28 29 30 01 02 03